現代人は酵素を減らしがち?

酵素ダイエットの効果
>
現代人は酵素を減らしがち?

現代人は酵素を減らしがち?

私たち人間が生きていく上で欠かせない存在である、酵素。
酵素は年齢を重ねるごとに減っていき、
体の中にある潜在酵素が完全になくなった時、
人間は死を迎えるとも言われています。
潜在酵素については潜在酵素と食物酵素でも説明しています。
合わせてお読みください。

健やかで美しく毎日を過ごすためには潜在酵素を
どれだけ温存できるかがキーになるといっても過言ではありません。
加齢による酵素の減少を防ぐことはできません。
しかし、加齢の他にも酵素を減らしてしまう原因があるとすればどうでしょうか。
加齢以外の理由で酵素が減っていくのを防ぐことができれば、
潜在酵素の消費は最低限で済むと言えるのです。
では、ここで加齢以外に酵素が減ってしまう理由について考えてみましょう。

加齢以外で酵素を減る理由

酵素が減る一番の理由は毎日の食事にともなう消化活動です。
栄養を吸収しやすくするために食べ物を消化するには
たくさんの消化酵素を消費します。
さらに現代人の食生活は酵素を減少させるメニューが多いと言われています。
そのひとつが脂肪やたんぱく質を多く含んだ肉、魚などの食べ過ぎです。
これらの食材は消化するのに大量の酵素を消費します。
また、コンビニのお弁当やインスタント食品などの加工された食品には
酵素がほとんど含まれていません。
それどころか、保存料などの添加物を排出するために、
酵素を余分に使ってしまうことになるのです。
また、うどんだけ、おにぎりだけなどの炭水化物のみの食事も
酵素を補うことができないのでNGです。

食事で酵素を摂る

食事から摂れる酵素といえば、生の野菜や果物に含まれる酵素があります。
しかし、忙しい毎日、生の食材を口にする機会がどれだけあるでしょうか?
特に日本人は生の果物を摂る習慣があまりないと言われています。
食事から酵素を摂りたいと思ったら、味噌や納豆などの発酵食品や生の野菜、
果物を積極的に摂る
ようにしましょう。
食べるのがラクなバナナを常備してみるのも手です。
忙しい人は休日にいくつかの果物をブレンドしたスムージーなどを
手作りしてみてはどうでしょうか。

食べすぎ飲みすぎは酵素を消費する

また食べ過ぎや飲みすぎ必要以上に酵素を消費してしまいます。
だらだらと食事したり、夜遅く食事をするのもNG
内臓が常に消化活動をしていなければならなくなり、
酵素をムダ遣いし代謝に回す酵素が少なくなってしまいます。
世界的に長寿で知られる地域の人々は共通して、
1日の摂取カロリーが他の地域と比べると少ないのだそうです。
食べ過ぎは肥満を招くだけではなく、
健康にもよくないということが分かりますよね。

酵素ドリンクを使用した酵素ダイエットには数日間、
酵素ドリンク以外の食事を絶つというファスティング(断食)があります。
ファスティングのメリットは減量だけではありません。
酵素ドリンクを飲むことで、食物酵素を補いながら消化器官を
休ませてあげることができるのです。
このことで、代謝活動が活性化し、肌がきれいになったり、
体の中に溜まった老廃物が排泄されて体がスッキリするという
目に見える効果を実感できる人も多いとも言われています。

COPYRIGHT© 2013 酵素ダイエットの効果 ALL RIGHTS RESERVED.