潜在酵素と食物酵素

酵素ダイエットの効果
>
潜在酵素と食物酵素

潜在酵素と食物酵素

ダイエットや美容だけではなく、
さまざまな健康効果をもたらしてくれると言われる酵素。
発酵食品をはじめとする酵素を含む食材にも再び注目が集まっていますが、
そもそもこの酵素とはどんなものなのでしょうか。
酵素には人間の体がもともと持っている潜在酵素
食事などから摂取することで補うことができる食物酵素があります。
ここでそれぞれについて詳しく見てみましょう。

潜在酵素!代謝酵素と消化酵素について

潜在酵素には代謝酵素と消化酵素の二種類があります。

代謝酵素について

まずは代謝酵素から見ていきます。
人間の体は常に、呼吸したり、動いたり、細胞を生まれ変わらせたり、
ウィルスや病原菌と戦ったりしています。
心臓を動かしたり、脳で思考を行うといった活動も死ぬまで続けていきます。
これらの活動に必要な酵素が代謝酵素なのです。

消化酵素について

消化酵素は食べたものを消化する働きを持っています。
消化することではじめて、食べ物に含まれる栄養が
体に吸収されるようになるのです。
消化酵素にはいろいろな種類があります。
これは栄養素ごとに消化に使う酵素が異なるためです。

2つの潜在酵素の深い関係

この2つの潜在酵素には深いつながりがあります。
消化に負担がかかる食事をしたり、暴飲暴食を繰り返していると、
その分、消化酵素を浪費してしまいます。
すると代謝酵素も減少し、代謝活動に影響が出るのです。
重い食事を食べた後に胃もたれを起こしたり、
眠くなるのも代謝活動が低下するためだと言われています。

もっと分かりやすい例を挙げてみましょう。
夜、遅く食事をすると太りやすいだけではなく、
肌にも悪いと聞いたことがありませんか?
寝るときに胃の中に未消化のものが残っていると、
体は眠っている間にも消化活動を行わなければなりません。
消化酵素が消費されることで、代謝に使われる酵素が減ってしまいます
すると本来、寝ている間に行われる肌の新陳代謝が正常に行われなくなり、
肌荒れやくすみなどを引き起こす
のです。

食物酵素

食物酵素はこれらの潜在酵素を温存するためのサポートをしてくれます。
潜在酵素を作りだすことのできる量は限られており、
加齢とともに減っていきます。
食事から食物酵素を摂ることで消化にかかる負担を軽くすれば、
その分、酵素を代謝に使うことができるようなり、
代謝活動がスムーズに行われるようになります。

昔から風邪をひいたときにお粥などの消化に負担のかからないものを
食べるといいと言われていますよね。
これは消化に使う酵素を減らし、風邪を治すという代謝活動に
酵素をまわすためということもできるのです。

このように考えると、食物酵素を補い潜在酵素を温存することが、
いかに私たち人間の体にとって重要なことなのかが分かるのではないでしょうか。

COPYRIGHT© 2013 酵素ダイエットの効果 ALL RIGHTS RESERVED.